IT業界には、フリーランスで活動できるお仕事がいくつかあります。その代表的な例のひとつが、ウェブデザイナーです。ウェブデザイナーとはパソコンなどで専門のツールを利用してウェブサイトのデザインや作成に関わる職種で、企業勤めの形で活動している人が多数いますが実績を積めばフリーランスでの活動も不可能ではありません。インターネットで情報発信をするためにウェブサイトは欠かせない存在なので、ウェブデザイナーのお仕事は幅が広いことで知られています。  

企業勤めとの最大の違いは、仕事内容や報酬を自分で決められる点にあります。上司から指示を受けることがない仕事環境なので、業務契約を結ぶ裁量が大きいところがメリットです。逆にデメリットは、大半のことを自分で処理しなければいけません。ウェブデザインだけではなく、営業や経理に関することなども自分が担当になるので、きちんとしたスケジュール管理が必要です。  

業務が軌道に乗れば専門のスタッフを雇うこともできますが、それまでは自分で処理する仕事量が増える傾向にあります。確定申告などは税理士にアドバイスを求めるなど、外部の専門家に協力を求めるのもよいでしょう。知識と経験の両方が充実している必要があるので、企業勤めを通じてノウハウを学ぶのもよくある選択です。